パスワードを忘れた? アカウント作成
121667 journal

yasuokaの日記: 幻のMS明朝ver3.00

日記 by yasuoka

新常用漢字(仮称)試案の字体における問題点』の読者から、文化審議会国語分科会漢字小委員会が使っているMS明朝は、ver5.00でもver2.50でもver2.31でもなく、幻のver3.00なのではないか、という指摘があった。

MS明朝ver3.00は2005年にリコーが開発したフォントで、PAGE2006でその一部が公開されたが、結局VistaではMS明朝ver5.00までバージョンが上がってしまった、という幻のフォントだ。確かにそう言われてみると、たとえば2008年7月15日の漢字小委員会資料2は、全体としてはMS明朝っぽいのだが、「茨」の字体がかなり微妙だ。ver2.xとは4画目が違うし、ver5.00とは5画目が違う。幻のver3.00の字形にすこぶる近い。

だとすると、新常用漢字表(仮称)試案の「鬭」も、MS明朝ver2.31ではなく、あるいはMS明朝ver3.00かもしれない。というのも「鬭」は、ver3.00ではver2.31と同じ字形(JIS X 0212の74-18例示字形に由来)だったが、ver5.00で字形が変更(JIS X 0213の1-94-31例示字形に由来)されたからだ。でも、それにしても漢字小委員会は、MS明朝ver3.00なんて幻のフォント、どこで手にいれたんだろう?

この議論は、yasuoka (21275)によって ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

読み込み中...